片岡屋クルマ雑記

四国の右端のクラシックミニ兼業店「片岡屋」店主による パーツやら整備やらどーでもいい話やら。

カテゴリ:MAINTENANCE > HEAVY MAINTENANCE / OVERHAUL

FullSizeRender
見覚えのあるケースw
今回のご依頼は
FullSizeRender
シンクロストレートカットギヤから
FullSizeRender
ドグギヤへの仕様変更です。

初めて目にするギヤセットですが、なかなか良さげですね♪
ギヤレシオも面白そうです(^^)
FullSizeRender
で、早速元具材を取り外し。
今回の作業では、セットに含まれていない物は再使用します。
FullSizeRender
セットに含まれるカウンターシャフト/メンドラニードルベアリング。
他社製キットと同様、スタンダードなロッドチェンジ用とは違う構成です。
IMG_6416
セレクターフォークは2ピース。
FullSizeRender
・・・
FullSizeRenderFullSizeRender
ご愛嬌(^_^;)?!
IMG_6422
・・・・・・
FullSizeRenderFullSizeRender
個体差??
FullSizeRender
・・・・・・・・・
FullSizeRenderFullSizeRender
試されてる???
IMG_6421
セレクターフォーク以外はトラップもなくw
FullSizeRender
メインシャフトに組み付けられていたギヤなど、一度バラして見ておけば良かったなぁと思いつつ…
組立完了♪


ご依頼いただきありがとうございましたm(_ _)m








ブログランキング参加中です

残すところシリンダーヘッド廻りの作業となりましたが
FullSizeRender
バルブの擦り合わせぐらいでOKかと思っていたら…
ちょっとガイドのガタも多いし、かといってガイド交換してただシートカットしたのでは
バルブが沈んでしまうところまでシート面は追い込まれており。

で、オーナー様にその旨伝えたところ、何やらお考えがあるようで。

FullSizeRender
この状態でお返しすることとなりましたw
FullSizeRender
ロッカーシャフト等が再使用可能なことを確認して、ヘッド廻りのパーツをまとめて。

この続きの作業はオーナー様が行うことになりましたので

IMG_6290
明日のNYMMに絡めて、オーナー様の元に納品の予定です。



あ。明日神戸でお会い出来る皆様にはよろしくお願いしますm(_ _)m





オーナー様。
パリッとしたヘッド載っけて、5月は一緒に走りましょうね~(^o^)/








ブログランキング参加中です

急ぐ必要はないものの、年内に組み上げておきたいと進めている作業なのですが
まだシリンダーヘッドがありますし…年跨ぎになりそうですね(^_^;)

FullSizeRender
先にガスケット類の選定などなど。
オーナー様に持参いただいていた手持ちガスケットの中からこれらをチョイス。
FullSizeRender
無い物はこちらで準備。
FullSizeRenderFullSizeRender
タイミングチェーンカバーとタペットチェストカバーは、一度塗装を剥離。
錆転換材で下処理してからリペイントしておきます。
IMG_6206
プライマリーギヤのブッシュクリアランス。
リア側が若干広めですが、このままいきます。
IMG_6207IMG_6208
スラストクリアランスの調整を済ませて
FullSizeRender
トランスミッション合体。
IMG_6210IMG_6240
クラッチディスク交換作業から1シーズン・3戦しか走っていないので
この辺りはそのまま組み戻します。
クランクリアシールも再使用します。
IMG_6220
チェーンカバーを取り付けて…
FullSizeRenderFullSizeRender
一見綺麗に見えるクランクダンパープーリー。
やはりというか…ダンパーゴムの崩壊が始まっていますね…
FullSizeRender
で、発掘www
ダンパーなしのプーリーも、今やレアパーツと言っていい物になってしまいました…
IMG_6239
……
黒くすればよかったか…(^_^;)
IMG_6221IMG_6222
リフター。
まぁ、もうしばらくは大丈夫でしょう。
IMG_6245IMG_6246
クラッチのプランジャーやレバーはクラッチディスク交換時に
確認したようなしていないような…
記憶があやふやだったのでw確認。
どこかのタイミングで交換したっけ?"減り"少なく良好でした。
ウォーターポンプやファンブレードなども再使用OK。


だいぶ形になってきましたね♪








ブログランキング参加中です

ピストン/コンロッドの組付に入りますが、A+998後期の圧入ピストンの悩みどころ…
ピストンリング。
書くと長くなるのでw理由は割愛しますが、これまでウチで組んできた998用のエンジンには
どれひとつ新品のピストンリングを使ったものはありません。
FullSizeRender
とはいえ、長きにわたって使われてきたリング。
ホントはお疲れ様と言ってあげたいんですけどね…
FullSizeRender
普通ならがっかりしてしまう合い口であっても、"張り"があればOKですが
(と書きつつも一応、測定しましたが)
FullSizeRender
長期使用のトップリングに見受けられる段付き摩耗は、ちょっと見過ごせません。
FullSizeRender
…いやぁ、何でも取っておくもんですw
優し~く使われてきたであろうディッシュピストンからトップリングのみ拝借して
FullSizeRender
ピストンリングを取り付けて
IMG_6164FullSizeRender
この"コンペ"ベアリングは、通常の表面処理ではなくオイルコーティングが施されており
それの洗浄・脱脂を行ってから組み付けるのが正規の手順だそうです。
IMG_6168FullSizeRender
クリアランスからしてこのままでもいいと思いますが、パンチがないようなら…
ケミカルに頼ることにしましょう。
IMG_6189
で、油路水路にはプラグなどを取り付けて
IMG_6191
ペイント。
これまで使っていたエンジンと同じく黒にしました。
FullSizeRender
ヒトで言えば心臓にあたるオイルポンプ。
致命的なダメージはありませんが、まぁまぁ荒れてます。
中古メタルなどを使い超特急で組み上げた前回のOHと違い
(逆にそれが後の好結果に繋がったのか?!)
今回はしっかりじっくり作業させていただいているので、ここは手堅く新調しましょう。
FullSizeRender
上:オートポンプ新品(現行品)
下左:ホボンイートン新品(純正後期/NOS)
下右:コンセントリック新品(純正前期/NOS)

ん~…
FullSizeRenderFullSizeRender
カタオカの独断でwコンセントリックを。
ちなみに、#10のエンジンにもコレを組んでいます♪
入手時にクリアランスを測定の上保管していましたが、確認やら何やらいろいろやって…
IMG_6201
とっくに生産中止のこのポンプ用のロックタブ。
海の向こうにNOSを見つけてはいるのですが、わざわざ取り寄せるような贅沢をしなくても
要は適正な締付トルクを維持して緩まなければ良いので、手間はかかりますがワイヤーで。
IMG_6202
テンショナーやスプロケットなど「それなり」ですが、この辺りはあえて?!全て再使用します。








ブログランキング参加中です

シリンダーブロック交換準備。
IMG_6045
コアプラグなどを取り外した後、一度目の洗浄。

998チャレンジはブロック上面の機械加工が認められていないので、この段階でオイルストーンで擦り倒して手修正面研wしっかり面出ししておきます。
長年使った9スタッドのブロック上面は大抵、外側(No.1,No.4シリンダー側)にいくにつれてアタリが悪くなっています。高圧縮を狙った所謂"三枚おろし"ガスケットを用いる為必ず行う作業ですが、正しくガスケットを組む場合でもじんわり水漏れなど無用なトラブルを回避する為にやっておくべき作業です。

ちなみに998の規定。
スリーブによるシリンダーの補修は認められていますが、ブロック上面の研磨は認められていないという…


オイルギャラリーやウォータージャケットなどもしっかり洗浄したところで
IMG_6051IMG_6052
ブラシの入らないところなどを突いてみたり、バリ取りしたりして
IMG_6053
入浴w
FullSizeRender
オリジナル カムメタルリムーバー&リプレーサー
これがあればラクラクカムメタル交換♪
IMG_6054
ということで、ひと風呂浴びて二度目の洗浄。サッパリしたところでカムメタル交換。
伝家の宝刀『Vandervell』投入します。

IMG_6055
念には念をで三度目の洗浄を行い、組立作業に入ります。
FullSizeRenderFullSizeRender
カムシャフトは「それなり」的な状態ですが、再使用に支障はないでしょう。
組み込んでスムーズに回ることを確認して
FullSizeRender
お次はクランクシャフト。
僅かな"振れ"があったり、ジャーナルに1本深い傷があったりしますが
振れを修正するストレスやリスクを考えると触らない方が手堅いし、傷を消すにはジャーナルを研磨することになりますが 「研磨」=「機械加工」=『規定違反』 とか言われかねないので…消極的ですがそのまま再使用します。
状態の良い998エンジンのクランクも少なくなりましたし、再使用しても問題のない程度という経験に基づく判断…大丈夫、ウチの998車輌のクランクより状態いいですw
FullSizeRender
親子メタルは共にACL。子メタルはレースシリーズを使って組みます(^^)IMG_6093
このクランクは元々HLのエンジンに組まれていた物と記憶しています。
旧タイプクラッチを使うとスラストメタルのリア側が減る傾向にあり、クランクも摩耗したりします。
このクランクを組み込んだ時は既に面が荒れてはいたものの、クリアランスはまずまずだったはずですが…
FullSizeRender
一度傷みだすと、バートクラッチでも減っちゃうんですね…
FullSizeRender
加工なく、適正なクリアランスを確保する為にオーバーサイズを用いることに対して『規定違反』なんて言わないですよね?!
FullSizeRenderFullSizeRender
スラストを最適にしたら、お次はメインジャーナルのクリアランス測定。
うんうん、流石のACL。手堅いですね~
いい感じのクリアランスでスルスルです♪
FullSizeRender
これまたオリジナル ピストンピンリムーバー&リプレーサー 登場。
IMG_6109
で、傷んでいたNo.2ピストンを交換。
岐阜の某御大からお分けいただいたありがた~い物なのですが、これがまたご丁寧にピストン・ピン・リングをバラシてセット保管されていたという…見習わなければです(^_^;)
FullSizeRender
と、そんなこんなでピストン/コンロッドの準備も完了。
いやしかし、カーボン落とし。
久々にかなりヒーヒー言わせていただきましたw








ブログランキング参加中です

↑このページのトップヘ