片岡屋クルマ雑記

四国の右端のクラシックミニ兼業店「片岡屋」店主による パーツやら整備やらどーでもいい話やら。

カテゴリ:PARTS > NEW ARRAIVALS

オンラインショップに、カタオカの好物…低需要モノ2種を加えておきましたので
お知らせしておきます♪





これはまだ比較的手に入りやすい物ですが
FullSizeRender
WIPAC直付リバースランプ用バルブ
ワイパックの直付リバースランプに用いられているバルブ。
ミニではお馴染みのマクラ球ですが、ライセンスランプや旧タイプのルームランプに
用いられる物とは違います。

12V20W





こちらはかなりのレア物w
FullSizeRender
スタンレーリバースランプ用バルブ
1000Mk-Ⅲの正規輸入車などに採用されたスタンレーのリバースランプ。
IMG_6126
初代ホンダシビック用の流用品ですが、これには前後ウインカー球に用いられるような
標準的なシングル球が使えません。
口金は同じなのですが、ガラス球面がランプのレンズに干渉してしまいます。

標準的なシングル球はS25と呼ばれるタイプで、ガラス球の直径が25mm。
それに対してこのランプに採用されていたシングル球はG23/直径23mmです。

ランプを製造していたスタンレー電気が最後までこの電球を製造していたメーカーでしたが
それも廃番。


ですが、ココにごく少量…在庫あります(^^)


数年前に入手してからずっと隠し持って?!いたのですが、お探しの方がいらっしゃればと思い
お出しすることにしました。

G23がなくなり次第、代用可能なG18/直径18mmの電球に切り替えます。
共に12V20Wですので、明るさなどに違いはありません。







ブログランキング参加中です

バタついている割にはあまり作業の捗らない毎日が続いています。
「忙しいのはいいことじゃないですか~」との声がありますが…
IMG_5050
浜名湖ミニデイに向けて、そろそろ寝た子を起こしたいです…



と、ちょっとソワソワしながらの~
FullSizeRender
ジョンクーパー様は、連休を挟んでようやく入荷したウォッシャーポンプを交換して
IMG_5620IMG_5640
混雑を避けたつもりが、そこそこ待ち時間取られつつの継続検査。
IMG_5639
オーナー様のお引き取りを待つ間に洗車したものの…土砂降りになりましたね…

今年の浜名湖往路は別行動。夜中の移動、くれぐれもお気をつけてm(_ _)m


IMG_5635FullSizeRender
車輛の写真はありませんがw段差?で触媒後のフランジを引っかけたらしく排気漏れ。
車検整備の際にフロントパイプを交換されたそうですが…オシャカにならなくて良かったですね。

ミニは"腹擦り"でのダメージが大きいです。
なるべく擦らないようにとイメージして乗ってあげて下さいませm(_ _)m


FullSizeRenderFullSizeRender
IMG_5012FullSizeRender
恐らく…SNSでは紹介していますが…こちらでは紹介していなかったような…

長年の使用…恐らく端子劣化に起因する発熱によってボロボロになるオルタネータのカプラーですが、現行流通品は配線の取り出し方向が180°反転してしまう流用品。

 となると、何とかならないかと部品探しの旅w

現行品で正しく取り付けられる製品があればと随分調べましたが…恐らく世界中のどこのメーカーにも扱いがありません。

 で、この旅はもう終わりにしようと思っていた時に…思わぬところで…


 出てきました!純正カプラー!!


これこそもう、世界中のどこを探してもこれ以上発掘されることはないかと思います。

そんな超贅沢な補修パーツ。
端子まで純正品でセットにしてご用意しておりますm(_ _)m

https://kataokaya-onlineshop.com/item-detail/203075


IMG_5614IMG_5607
距離薄極上AT車。
前任作業者の悪意とも取れるダメパーツのオンパレードと手抜き作業に苛立ちを覚えつつ、鋭意整備作業中。

作業の詳細はまた改めて…書くかも?!








ブログランキング参加中です

ブロスガレージさんからリリースされました。
FullSizeRender
既にリリースされている1300cc用とはビード形状をはじめ冷却水/オイル孔径などが異なっており、専用設計されていることがうかがえますね。

上下2枚の基板は対称の凸ビードが施され
FullSizeRender
ステンレスの副板のボア部には1300cc用同様ヘミング加工がなされており、高いシール性を得られるようになっています。

IMG_3057
998な方々にはお馴染みの?!メタルガスケットと比較すると、ウィークポイントを押さえているのがよくわかります。


カタオカも、お馴染みのガスケットをお馴染みのひと手間で998車輌に使ってきた一人なのですが
「一度エンジンを組んだら、なるべくメンテナンスフリーで」という自身のコンセプトには沿わないところでした。
一時期1000cc用ガスケットの製作を模索していた頃もある身としては、このガスケットの登場でひとつ大きな安心を得たような気がします。


ということで、オンラインショップでも取り扱い開始しました。
勿論、850や1100エンジンにも対応します。
https://kataokaya-onlineshop.com/item-detail/126349
 注) 初回ロット分のみ、A/C付車輌の場合少加工が必要です。詳しくはお問い合わせ下さい。




IMG_3056
しかしまぁ、1000cc用のガスケットの在庫が1300cc用のそれより種類も数量も多いってどういうことですかねwww







ブログランキング参加中です

FullSizeRender
アッパーステディロッドセット ERAスタイル

新たにオンラインショップにラインナップしました♪


当店にてモニター的に装着させていただいてから約40000km走行/15ヵ月経過。
消耗品であるブッシュやロッド端部の片持ちな取付ボルトなど、気がかりだったポイントにも問題がないことを確認しております。

製品本来の役割であるエンジンの"振れ止め"の効果/性能は言うに及ばず、破損することのある既存ステディロッドのバルクヘッド側ブラケットへの負担軽減や、ステディブッシュ・エンジンマウントの長寿命化にも繋がります。
1本の既存ステディロッドで振れを抑える為に硬いステディブッシュを使われている…という方もいらっしゃると思いますが、この製品をインストールすることで柔らかいブッシュでもしっかりと振れを止めることが出来ますので、ブラケット破損のリスク回避の為にも是非ともご検討下さいませ(^^)


そんな いいこと尽くめのアッパーステディですが、難点を挙げるとすれば…
他製品同様、取付の難易度が高いということ(^_^;)
ですが、前述の通りメンテナンス頻度は少なく、他部の負担軽減/長寿命化と合わせて考慮していただければインストールして損はない製品ではないかと思います。
あと…残念ながら、1000ccエンジンなどウォーターポンプ~シリンダーヘッド間にバイパスホースが付いている車輌には取付出来ません。


サーモハウジング辺りで主張しているアッパーステディも良いですが、さりげなく「実は付いてるんです」的なアッパーステディもなかなか良いですよ♪


インストールのご参考に。リンク貼っておきます(^^)

キャブクーパー(ジョンクーパー)その①
キャブクーパー(ジョンクーパー)その②
キャブクーパー(ジョンクーパー)その③
BSCCリミテッド








ブログランキング参加中です

NYMMなみなさま。お疲れさまでした!
IMG_2627
昼まで小雨続きでしたが、参加台数は今回も右肩上がりだったようで。

個人的には、クルマをじっくり見るでも買い食いするでもなく、出店するでもなく。
ちょっと歩いては立ち話、歩いては立ち話…
まぁ"お年始イベント"なので、それはそれで楽しいひとときでした(^^)

で。早めに会場を後にして、ペニーレーンさんにランチしに行ったら
「早刷りのチラシ、持って帰って~」
FullSizeRenderFullSizeRender
予定通りの開催です。

今年はミニ生誕60年の節目の年ですし。
各地で催されるイベントが、より多くの方々の参加で盛り上がるといいですね~





そんな今年1発目のイベントが終わったところで…

FullSizeRender
再入荷しました。


ACLメインベアリング Pre A+998 STD


848cc後期またはA+以前の998cc,1098ccエンジン用…全くもって売れ筋の物ではありませんが(^_^;)必要な方にとっては、なくてはならない物でもあります。


オンラインショップ掲載のACLをはじめ、各種エンジンベアリングのストックあります。
Vandervellも少量ですがストックしております。
また、お探し物ありましたらリクエストも承ります。
メールにてお問い合わせ下さいませ。
(メールアドレスはページ上部"Shop Info"内に掲載しております。)







ブログランキング参加中です

↑このページのトップヘ