片岡屋クルマ雑記

四国の右端のクラシックミニ兼業店「片岡屋」店主による パーツやら整備やらどーでもいい話やら。

カテゴリ: MAINTENANCE

腰を据えて新旧2台の車輛を並べて作業する為に、他の方の作業を先に済ませて…なんてやっているとどんどん段取りが狂ってしまっていますが(^_^;)
IMG_4249IMG_4299
まずはニコイチの元車輌から新車輛へ移植決定なパワーユニットを取り出しておきます。


IMG_4250FullSizeRender
FullSizeRenderIMG_4253
IMG_4256IMG_4257
FullSizeRenderIMG_4255
IMG_4258IMG_4259
元車輌の腐食はこんなカンジ。
オーナー様も仰っていましたが、過去のオーナーによる負の遺産…塩害でしょうね。
ミニはボディーパネルの供給がしっかりしているので、この車輌も直せなくはないのですが…
奇跡的な?!新車輛との出会いに感謝です(^^)

IMG_4309IMG_4311
降ろしたパワーユニットは、昨年のエンジンOH時に施したペイントが少し剥れてしまっていたり。
どうせやるならと、補器類を外してリペイントしておきました♪
FullSizeRender
新旧車輛のご対面~
バトンを渡すもの渡さないもの。しっかりと見極めていきたいと思います(^^)
FullSizeRender
コチラのリベット。
国内のミニの部品屋さんは取り扱いされていないようでしたので、英国からのお取り寄せ。
代用できそうな製品も国内にないわけでもなかったのですが、同寸の物は見つけられず…
IMG_3844IMG_3845
取り付けてしまえばほとんど目に留まることのない、たった4本のリベット。
オーバーフェンダーが留まれば他の物でもいいのでは?なんてご意見もあるかと思いますが…

こういうところにもしっかりと拘りたいですよね(^_-)







ブログランキング参加中です






ミニ以外のネタをココで紹介する気はあまりないのですが、大抵のことはネットに落ちている現代にありながらマイナーなクルマが故にあまりにも情報がなかったので、これはちょっと書き記しておこうかと。

なワケで、以前コチラでご紹介した'66 シトロエン2CV。
IMG_4233
随分とお時間をいただいてしまいましたが、やっと継続検査を済ませました(^_^;)
IMG_4244
『ネコ足』などと言われる独特の足廻り。乗員などによって大きく姿勢が変わるからでしょう…このクルマ。元祖ヘッドランプレベライザー的な機構が備わっておりまして。
矢印のようにツマミを回すと
IMG_4245
両端にヘッドランプを取り付けたシャフトが動き、光軸の上下調整が可能なのですが…
目一杯上向きに調整しても上向き加減が足りずで
IMG_4230
思案すること3分、小細工すること3分。
IMG_4237
「反射板がないとダメですよ~」他いろいろもあり…
IMG_4238
いろいろの中でも、今回の山場?!はコレ。
このクルマ。エンジン型式の打刻などがどうにもこうにも見当たりません。
検査に持ち込む前に、どれだけ時間を割いて捜したことか…
それだけ捜してもないものはないし、もう写真にあるプレートでOKにして下さいとしか言いようがないのですが、それを裏付ける資料も情報もないし…
ということで
「行けば何とかなるでしょう」「検査に持ち込んで検査員さんに資料を調べていただきましょう」です。
相当な時間をかけて検査員さんに調べていただいて、結果、同年代の類似型式の正規輸入車に“プレートにて確認でOK”という情報がやっと出てはきたのですが、正規輸入車だからといって車検証の一項目の記載に固執して、今後の検査で今回と同じやりとりを繰り返すようなのもいかがなものかと。
ということで、職権打刻(厳密には金属プレート貼付ですねw)に変更登録しました。
IMG_4240
検査員さんが時間の空きやすい午後を選んで陸運局に出向きましたが…
昼イチから検査時間終了までミッチリと…特に最後の約一時間は検査員全員集合で立ち会っていただいたりしつつw
IMG_4234
濃密な時間を過ごしました♪




あ。ミニのネタもかるくひとつ。

これまたコチラにチラっと書いた謎のエンスト。
その後、燃料ポンプの動きのおかしい時があるのを確認。
通常だとイグニッションキーをONにした時に一定時間ポンプが作動しますが、作動時間が短かったり断続的に動いたりさっぱり動かなかったり。
リレーやヒューズ・イナーシャスイッチなど、ハーネスを除く回路関係には問題なし。
で、ポンプが動かないときに燃料タンクをパンパン叩いたりすると「ウィーーーン」と作動したりするので、てっきりポンプかと思ったのですが…違いましたね~
FullSizeRender
コレ。ECUでした。
ポンプリレーの信号(スイッチ)側の回路は電源・アース共にECUに接続されており、そこでトラブルが起こっているようです。
同型中古ECUをしばらくの間…現在も貸し出し中ですが、トラブルは出ていません。

ちょっと珍しい事例じゃないですかね?




話変わって、お知らせふたつ。


まずは
FullSizeRender
毎年この時季に行っている『夏の定番』施工料サービス♪
 http://nutec.jp/products/compboost/nc200.html
エアコンシステムの保護に。燃費低減に。
今月末まで実施中です(^^)


お次は
FullSizeRender
8/24(土)25(日)に富士スピードウェイで開催される『32Fes』の前売入場券。
販売開始しました。
 https://classic32fes.jp/
2日間の通し券で、1台5000円ですよ(^^)







ブログランキング参加中です

二度目ましてのBSCCさん。

まずはオイル交換と、前回不調整備をさせていただいたアイドリング不調がここしばらくで再発?!の点検のご依頼。
IMG_4207IMG_4181
アイドリング不調は…写真も撮っていませんがwアクセルワイヤーの調整であっさり復調しました(^^)

合わせて「ついでに前回の宿題の中からいくつか…」とご依頼いただきました。
…どちらかと言うと、ついでの方がメインのようなw

まず、かなり前傾な姿勢を矯正して、異音も出ているショックアブソーバーも交換しましょう と。
FullSizeRender
当店の最低地上高チェックに欠かせない…トルクスソケットw 全長90mmです♪
一番低い触媒前側フランジ部で、実測75mm。
FullSizeRender
1G状態で、バンプラバーががっつりアッパーアームに押されて潰れてます。
逆に延び側一杯の状態で、コイルサスに若干の遊びが出ます。

これを基に

* 適正な車高に調整して
* アッパーアームが伸び切る状態でもコイルサスにロード(負荷)がかかるよう維持し
*1Gでアッパーアームがバンプラバーに接触せずフリーな位置で
* 縮み側でバンプに優しくタッチ♡
* これを、しなやかながらもメリハリのあるショックアブソーバーで締める

で、突き上げ感のないマイルドな足にします♪

IMG_4185
まずはバンプストップラバー。左から
 装着されていた、潰れたバンプストップラバー
 ウレタンショートバンプ
 純正扱いのシングルポストバンプストップ
 ウレタン中空バンプ

適度に車高を上げればショートバンプではストッパーの役割を果たしません。
ショックアブソーバーもショートストロークではないので、縮み側の"底突き"を考慮すると純正の中実タイプか中空タイプになります。
ということで、初期入力がより優しい中空バンプをチョイス。
ちなみに、自由長で
潰れたバンプラバー + パッキングワッシャー = 中空バンプ + 1mm です。
FullSizeRender
お次はリバウンドバッファー。左から
 装着されていた、新車装着品MOWOG製リバウンドバッファー
 純正置換推奨品 高品質リバウンドバッファー
 ウレタン肉厚リバウンドバッファー

打合せさせていただいた時には、肉厚なリバウンドでスタビリティーの向上を…とお話しさせていただいていたのですが、スタビライザー未装着前提でした(^_^;)
スタビライザー装着車なので、伸び切り状態でコイルサスが遊ばず尚且つショックアブソーバーの伸び切り迄にしっかり効いていればOK。
ということで、純正置換推奨品をチョイス。
IMG_4187IMG_4190
ショックアブソーバーは共、街乗り車にイチオシなVALTAIN/KYBの純正タイプ。
マイルドながら節度のある、非常に良い品です♪
FullSizeRender
フロントを車高調整し、各パーツを変更後の1G状態。
バンプラバー/リバウンドストップ共アッパーアームに接触することなく、伸び側縮み側共に可動範囲がしっかり取られているのがご確認いただけるかと(^^)
IMG_4194
実測最低地上高95mm。そのまま車検OKです♪
FullSizeRender
恐らく新車装着のKONIさん。長年お勤めご苦労様でしたm(_ _)m
IMG_4188
そうそう、オーナー様にお伝えし忘れていた連絡事項(^_^;)
リアのショックアブソーバー取替時に、バッテリーが固定されていないのを見つけてw
トランク内を捜索したところ、あちこちに散乱していた取付金具を全て救出出来ました。
IMG_4189
で、固定。
バッテリーが動かないように新聞紙を詰めていたんでしょうかね?
…と思いながら、そのままにしてありますw

IMG_4192
続いてコチラ。マフラーも。
FullSizeRenderFullSizeRender
クラックが入って排気漏れ。
「溶接修理も可能ですし、ビジュアル的に変化を持たせて…交換されるのも良いですね。」的な提案をさせていただいていたのですが
IMG_4206FullSizeRender
ご入庫時にオーナー様とお話しする中で、それまでオーナー様がイメージしてらしたサイド出しから一転w
VALTAINのセンターマフラーに。
吊りゴムタイプでありながらロードクリアランスのしっかりとれたセンターマフラーです。

IMG_4205
そんなこんなで作業完了♪
次回は車検整備ですかね?
ありがとうございましたm(_ _)m







ブログランキング参加中です

ご新規様より車検整備のご依頼。
IMG_4168IMG_4167
内外装を中心に、結構手を入れられてますね~
IMG_3990
作業に取り掛かる前にテストドライブを兼ねて陸運局へ。
まずは、あれやこれや気になるところなど。保安基準の適合確認から。
で?!アイドル不調も確認出来ましたw
IMG_4064
事前にお聞きしていた使用状況を踏まえて、アイドル不調から作業着手。
結構な汚れのスロットルボディー周辺をクリーニングして…
FullSizeRenderFullSizeRenderFullSizeRender
吸気温センサーとスロットルセンサーのエラーが入っていたので、ひとまず消去。
スロットル電圧がちょっと高いですかね。で、ステッパー数などチェックしながら調整。
A/C作動でのアイドルアップ時から出てきたアイドル不調でしたが、お尋ねすると無負荷時でも不意に起こっていたようです。
IMG_4138IMG_4139
「スリックシフトを付けてからなのか、少しオイル漏れが…」とオーナー様。
スリックシフトに起因するものではありませんが(^_^;)ミッションケースのフロントカバーやデフハウジング,デフサイドカバー,ピボットピンなどなど…主に接合面からの漏れのようです。
IMG_4151
オイル交換のご依頼もいただいていたので、エンジンオイルを抜いてからケース廻りの脱脂清掃をしておいて…
IMG_4152IMG_4153
今回は液体絆創膏的なコレで、外からオイル漏れを止めてみましょう♪
IMG_4140IMG_4150
アンダーガードもお掃除して元通り取付しておきました。
IMG_4143IMG_4144
ボールジョイント…
IMG_4146FullSizeRender
よろしくない物に替えられています。首振ると動きが渋いですね~
横着して?!上側だけの交換にとどまっているのは不幸中の幸い?!
交換されてから日は浅いようですし、走行距離をそんなに稼ぐお方ではなさそうなので、今回はひとまずダメブーツだけ交換しておきます。
IMG_4148IMG_4147
ステアリング廻りのガタは、ラックブッシュタイロッドエンドの交換でシャキッと♪
IMG_4149
リアホイールシリンダーはいつものコチラでOH。などなど…
IMG_4155IMG_4156
「長年使っているのでそろそろ…」と、バッテリー交換のご依頼ですが…
スペアタイヤ脱着を考慮してか、なかなか素敵な固定方法w
合間で電解液か精製水を補充されているようですが、量が多かったのか液栓から噴き出してブラケットが侵されています。
IMG_4157IMG_4158
ブラケットは再使用します。
白く粉を噴いていたり下地まで侵されていたりなところをなるべく取り除いて。
錆転換材にて下処理からの、上塗り。
IMG_4159
で、バッテリー交換。
バッテリーボックスまで侵されてなくて何よりでした(^_^;)
IMG_4136IMG_4137
リア4点式のロールケージが入っていましたが、鉄パイプ剥き出しは検査NGです。
その場しのぎでも?!衝撃緩和になる物を巻くなりすればOKなのですが
「度々そのような作業を繰り返して傷になりませんかね?」的なお話もあり
IMG_4160
潔く、その場しのぎじゃないパッドを巻くことをご提案させていただきました。
IMG_4161IMG_4162
写真で紹介するとあっさりと…な感じですが、綺麗にされている街乗り車のロールケージ脱着にパッド巻き。
なかなかシビれましたw
IMG_4177
からの~ 構造変更検査。
オーバーフェンダーによる車幅・リバースランプとして使っているリアのフォグランプによる長さの外寸と、ロールケージ装着による重量の変更を…と思ったのですが、ひと通り測定後の車検証記載の変更点は…車幅(+5cm)と高さ(-1cm)のみだったというw
ともあれ、お国のお墨付きをいただきました(^^)
…にしても…んん~…電車www
IMG_4178
宿題も何点かありますが、それらはおいおいにということで。
今回はこれにて作業完了です(^^)
ありがとうございましたm(_ _)m







ブログランキング参加中です

通常業務はそこそこに…といってもなかなかそうもいかず(^_^;)
日付変更線を越えて木曜未明に工場へ。

IMG_3874
一年ぶりのご対面。まずはバッテリー充電から。
翌?!朝までの充電で機能回復して一安心。
IMG_3891
オイル交換と各部点検ぐらいで大丈夫かと思っていましたが
IMG_3893FullSizeRender
少しオイルの滲みがあったので、デフサイドシールとシフトロッドシール交換。
IMG_3889IMG_3890
機能的に申し分のなかったProtechアロイショックでしたが、少し減衰の振り幅を変えてみたくなりVALTAINの白ショックに変更。
サーキットユースは初めてですが、より狙っている足のイメージに持っていけるはずです。
楽しみ~♪
…ちなみに。914g増量ですw
IMG_3902FullSizeRender
そんなこんなで作業完了(^^)
FullSizeRenderFullSizeRender
5月の岡山は前夜がメイン。
西は九州、東は関東・東北…遠くからやってくる仲間たちと過ごす時間のために、睡眠時間を返上してでも仕込みはしっかりと。
こちらも何とか整いました♪



ということで。
明日明後日、岡山でお会い出来る皆様にはよろしくお願いしますm(_ _)m


OICのHPでエントリーリストが公開されていますが
都道府県の記載欄。カタオカだけ「徳島市」ってwww









ブログランキング参加中です





↑このページのトップヘ