IMG_3463
橋を2つ渡って本州より。ありがとうございますm(_ _)m

FullSizeRenderFullSizeRender
まずは診断機でチェックから。
特段問題もありませんでしたが、ステッパー調整しておきました。
FullSizeRenderFullSizeRender
タイラップ留めではちょっとアレなので、マルチリレーブラケットにてしっかり固定。
FullSizeRenderFullSizeRender
フロントサブフレームとフロントパネルの隙間。フレームマウント取付ボルトの緩み。
ファンベルト鳴きのような異音はここからだったようです。
IMG_3508
走行中、ギャップを拾ってゴトゴト異音。
ステアリングラックナイロンベアリング交換。
その他、ディスキャップやローター交換、リアブレーキのOHなど済ませて…
FullSizeRenderFullSizeRender
前回の車検時にご提案させていただいた、足廻りリフレッシュ。
ご了承いただき作業させていただきました(^^)
定番アイテムでのラバーコーンハイローキットナックルジョイント交換に合わせて、従来の純正タイプより良いお仕事をしてくれるショックアブソーバー(フロントリア)で快適な乗り心地にします。
IMG_3499
ナックルジョイントはブーツの破損…
IMG_3500FullSizeRender
ボールのボトムがフラットな物は、カップの「底抜け」が早いです。
IMG_3531
あまり荷重のかからないリアも、フラットな部分でカップをえぐっています。
IMG_3515
肉厚など強度も大事ですが、ラバーコーンの当たる部分の形状がキモです。
ここの形状が乗り心地を大きく左右します。
IMG_3514
昔のモデルに比べて車重のあるインジェクション車は、ラバーコーンのヘタリが早いですね。
これぐらいならまだ辛うじてサスペンションとしての機能を果たしてくれていますが、車輌装着状態でハイローのフランジ部がラバーコーンにあからさまに埋没しているような状態なら…もはやリジッドサスですw
サブフレームにダメージを与えるケースもありますので、突き上げ感が酷くなってきたら要注意です。
IMG_3530
左後のショック。
燃料タンクの干渉を嫌ってのことだと思いますが…取外しに苦戦を強いられましたw
FullSizeRender
…お疲れさまでした。
FullSizeRender
継続検査を済ませてw
IMG_3534
作業完了です。

いやぁ、新車時以上…突き上げゼロのしなやかマイルドな乗り心地♪
異音も消えて、快適ドライブですよ(^^)

ヘタリの少ないラバーコーンですが、初期のヘタリはあります。
あまり走行距離の延びない車輌なので次回の車検整備時でも良さそうな気もしますが、初期ヘタリの調整はサービスで行いますので気になるようでしたらいつでもお申し付け下さいませ。


ありがとうございました。
納車時にご一緒するラーメン屋さんを考えながら、ご来店をお待ちしておりますw







ブログランキング参加中です