ガラス周り。あちらもこちらも雨漏りするとのことで、ウェザーストリップ交換。
IMG_2409IMG_2486
まずはフロント。
雨漏りする=開口部に水が回っている ですが、開口部に錆は見受けられません。
IMG_2487
ウェザーストリップは良品のコチラ。モールはリクエストいただきブラックをチョイス。
以前拭き取りがイマイチで交換したワイパーアーム&ブレードですが…ブラックの方がしっくりくる雰囲気になりましたね…(^_^;)
IMG_2407IMG_2488
つづいてクォーター。
継ぎ目が開いてしまうほどのゴム痩せではありませんでしたが、パネル開口部を乗り越えて水が入り込む状態でした。
IMG_2408
リアは継ぎ目が開くような状況でも意外とトランクルームなどに水が回りにくいのですが、リア1面だけ作業を残すというのもアレなのでw
IMG_2513
クォーター・リア共に英国製/継ぎ目が溶着されたウェザーストリップにて、交換完了。
IMG_2491
ユニオンジャック柄のシートを組み直して、歴代ミニジャックマを並べ直してw
ウチのステッカーも色褪せていたので(^_^;)新しいものに♪

次は…ドアガラスが落ちる前に、チャンネル交換ですかね~

FullSizeRender
ここからは、検査に備えての作業。

まずは、前回の車検整備の際に交換させていただいたラバーコーン。
いくらヘタリの少ないD.O.specのAVON-Moultonといえども、初期なじみの頃にはヘタリが出ます。
ヘタリが落ち着いた頃を見計らって一度車高調整をしましょうとご案内していたのですが、気付けば2年・約10000km走行w
最低地上高を確保しないといけないこともあり、今回 交換後初調整www
車高でフロント約30mm リア約15mmの沈み込み…という結果でした。

しかしまぁ、このラバーコーン。相変わらず乗り心地良いですね~♪
FullSizeRenderIMG_2496
スリーポイントにLEDバルブ。
一見明るく、検査に支障なさそうなのですが…光軸が出ていません。
反射板のくすみもあり、かなり光が散って…計測上では光量も足りません。
FullSizeRenderIMG_2498
当店の車検用?!昭和のBOSCHランプユニットwにフツーのH4バルブ。
LEDバルブに比べ、当然ながら暗い印象ですが…計測上では光軸・光量ともにOK。

ランプ交換したいですね~

オーナーさんはスリーポイントのビジュアルが気に入っているようですが…現行品は実用では残念なものばかり。
カタオカ的にも、ビジュアルと実用が両立された現行品は…ない。 ←誰も聞いてない?!

次回の車検までの…カタオカの宿題w…何か考えておきます(^_^;)
IMG_2512IMG_2511
そんなこんなで陸運局の年内最終日、ガラガラの検査レーンに滑り込み。
検査員に「なんで今日みたいな日に来るんすか~」って、そりゃ今日まで陸運局やってるからでしょうにw

サラッと一発合格いただいて、お返しの準備。
仕上げに洗車していたら…霰が降ってきました(~~:)







ブログランキング参加中です